NaturePhotoGalleryのサブページ
PhotoDiaryです。


 デジカメで撮った撮影状況などの写真を紹介しています。

初代:FUJI FinePix500 (100万画素:2001年9月購入)
2代目:Canon PowerShotA40 (200万画素:2002年6月購入)
3代目:SONY Cyber-shot DSC-W5 (500万画素:2005年9月購入)
4代目:Panasonic LUMIX DMC-TZ7 (1000万画素:2009年7月購入)
5代目:SONY Cyder-shot DSC-HX5V (1000万画素:2010年4月購入)

 最初に買ったFUJI FinePix500、レンズは35mm判換算で35mm固定で
安いというだけで買ってしまいました。(汗)


FUJI FinePix500

 このFinePix500、写真をたくさん撮るとPCへの転送が大変なのと
(1画像1分はかかりました)、電源ON後の立ち上がりが遅いので、
シャッターチャンスを逃すこと度々で嫌気が・・・。( ̄〜 ̄;)


 このページ用の画像に使うだけですから、200万画素くらいで安い物を
カメラ屋さんに探してもらい、見つかったのがこれでした。


Canon PowerShot A40

 レンズの焦点距離は35mmフィルムカメラ換算で35-105mm、
ISO感度切り替えも50、100、200、400とあります。(使わないけど)
動画も撮影出来るので、面白い物があればアップしたかったんですが、
正直言って、お見せ出来るような画質では・・・。(汚いです、かなり)

 3年強使ったPowerShotA40、外観もかなりボロボロになってましたが、
連続撮影すると液晶表示が乱れ、撮影した写真もノイズだらけになって
しまい、買い換えを余儀なくされる事態に・・・。(T_T)


 コンパクトで、そこそこの値段で、デザインがちょっと良くて、という機種を今度は自分で探して、こんなもんだろうってことでこれにしました。


SONY Cyber-shot DSC-W5

 700万画素のDSC-W7もありましたが、予算不足と510万画素でもA40
の倍以上ですから、まぁいいだろうってことで・・・。
焦点距離は35mm判換算で38114mm。画面比は4:3と3:2を選択できる
のがいいところ。こんなちっこいバリオ-テッサー、意味あるんかな?


 モード選択ダイヤルを自分で修理してまで4年間使い続けたDSC-W5ですが、手ブレ補正無し、中途半端なズーム、500万画素、ISO400までしかない感度等々、さすがに古色蒼然の感が否めなくなってきたので買い換えを決断、記録画素数とズーム倍率(25〜300mmで12倍!)が決め手になりました。


Panasonic LUMIX DMC-TZ7

 今回はちょっと奮発して「ハイスペックコンデジ」を購入。ニセハイビジョン(AVCHD Lite)も撮影出来て、その他ものすごい多機能なのにコンパクト。フィルターが使えないのが玉に瑕ですが、何とか工夫してみましょう。SONYの時はツァイスブランドのレンズ、今度はライカブランドのレンズ。どこで作ってんでしょうね、これ。
 2009年8月からはこのカメラで撮影しています。


 最低でも3年は使うつもりで買ったDMC-TZ7ですが、あまりに現像された映像がクソ(コントラストと発色が悪い)なのと、色温度の設定が下手、期待していた手ぶれ補正機能の効きがイマイチで、低照度下での撮影に弱い等、もうウンザリしていたところにSONYから「これが欲しかった!」って機種が出たので買っちゃいました。DMC-TZ7は史上最短期間でのポイとなりました。もうP粗肉は買わんぞ!


SONY Cyder-shot DSC-HX5V

 ハイスペックコンデジなのは同じですが、手持ち夜景、スイングパノラマ、高速連写、逆光補正HDR、マニュアル露出、フルハイビジョン動画、GPS搭載、SDカード利用可能、高感度撮影に強い裏面照射CMOSと、機能てんこ盛り。光学ズーム倍率が10倍でDMC-TZ7の12倍より落ちますが、望遠端はほとんど使わなかったので問題無し。今度はSONY Gレンズですが、画質はどうなんでしょうね。
 2010年4月からはこのカメラで撮影しています。