私がオーディオに興味を持ったのは、高校時代に読み始めた雑誌「
FM fan」(もう廃刊になってしまいましたが)に載っていた、オーディオ評論家長岡鉄男氏のオーディオ評論記事がきっかけでした。

 そこから「10万円で100万円の音、100万円で1,000万円の音を出す」という、徹底的なこだわりが始まり、気が付いてみればソフト、オーディオ、ホームシアターで車が何台か買えるくらいの金を突っ込む異様に金のかかる趣味となってしまいました。



  「教祖」長岡鉄男先生
長岡鉄男
方舟までワインを手みやげに押しかけ、直筆のサインをいただきました。↓














実際にお会いした長岡先生は、「小柄で気さくなおじさん」でした。
押しかけた時は庭いじり中でしたが、「来るものは拒まず」って感じで方舟の中に招き入れていただき、LDを2〜3枚120インチで鑑賞させていただきました。
音の感想を言ったりしたんですが、「比じゃない、比じゃない」を連発なさってました。(会話の内容は舞い上がっていてほとんど忘れてしまいました)

○訪問当時の方舟

○方舟内部

3管プロジェクター、NEC CD-10、自作ADプレーヤー、SONY CDP-R1/DAS-R1、DENON PRA-2000ZR、Lo-D HMA-9500II、SANSUI B-2302V?等が見えますね。
まだ裸電球は導入されていません。(笑)

○お決まりの記念撮影(汚物にはぼかしを入れています)

音は雑誌等で書いていらっしゃったとおり、
「ハードでシャープでダイナミック、音場は三次元的に広大で高さが良く出る」
でした。会話の内容は忘れましたが、音はしっかり脳に焼き付けて方舟を後にしました。
私のオーディオの音の方向性は間違っていないこと、音場に関してはウチのシステムはまだまだだなぁと思いました。訪問は大正解、私の得がたい財産となりました。


オーディオシステム (2011.08現在)

2010年8月へ



長岡鉄男氏設計
スーパースワン

FOSTEX
FE103En-S
+Magnet
AD Player
YAMAHA GT-2000L
Cartridge
PhaseTech P-3G
VICTOR MC-L1000
SAEC C1
Sound Board
ONKYO SE-U55SX

CD Player(Retire)
YAMAHA GT-CD1


長岡鉄男氏設計
スーパースワン

FOSTEX
 FE103En-S
+Magnet
MD Deck
SONY MDS-S50
FM/AM/TV Tuner
SONY ST-S222ESA
CD Player
YAMAHA CD-S2000
Premain Amplifier
NEC A-10II
Pre Amplifier
DENON PRA-2000ZR
Multi Disc Player
SONY MDP-999
Power Amplifier
SANSUI B-2102MOS

表のリンクが張ってあるものは、FMfanで連載されていた「長岡鉄男のダイナミックテスト」の記事を無断で載せてみました。FMfan自体が廃刊になっちゃってますし、見つかってクレームが来たらすぐに止める、ということで。YAMAHA GT-2000Lは古すぎて、SONY MDS-S50は相手にされていないので(?)、手持ちのダイナミックテストの記事の中にはありませんでした。

1992年11月から17年2ヶ月使い込んだYAMAHA GT-CD1がついに2010年1月にダウン!右チャンネルの音量が小さくなる等の不具合が出たため、YAMAHA CD-S2000を購入&改造。CD-S2000+SANSUI B-2102 MOS Vintageをメインで使っています。音が悪くなるので他の機器とは接続されていません。

YAMAHA GT-2000LとVICTOR MC-L1000、SAEC C1は優秀録音盤をあれこれ聴いただけで10年以上休眠状態でしたが、DENON PRA-2000ZRを修理して完全復活!カートリッジのダンパー硬化でハイ上がりになってしまったと思っていたのは、ただ単にPRA-2000ZRが壊れていただけでした。(汗)
とは言うものの、MC-L1000、C1共にご老体で、代替機種を探し続けてたどり着いたのがPhaseTech P-3G。このカートリッジは安くはありませんがハイCPです!C1を進化させた様なカートリッジです。2010年6月に購入。

2010年はオーディオ刷新の年となった様で、スーパースワンのユニットを4月に限定発売になったFE103En-Sに交換しました。FE103En-Sは良いユニットなんですが、そのままスーパースワンに使うと低域が過剰で切れが足りない。そこでフェライトマグネットを追加して音のバランスを取っています。
ADの録音&簡易PCオーディオ用にONKYO SE-U55SXも購入しました。
3月には家を引っ越しましたし。新居の方が音が良かったのはラッキー。

気付いたらメインで使っている機器は改造しまくり!一番手が掛かっているのはPRA-2000ZRでしょうね。CD-S2000も相当苦労しました。B-2102、GT-2000L、リタイアしたGT-CD1にFE103En-Sまで改造しています。病気ですね・・・。(^^ゞ

本当はラックの高さがもう1段低い方がいいんですが、前に使っていたスピーカー(ONKYO MONITOR500)に合わせて作ってしまったので、仕方なくそのまま使っています。1段減らすと装置が置けなくなってしまいますし。因みに、MONITOR500のスタンドは、自作でスーパースワンのスロートのような構造の中に石膏流し込み(!)というとんでもないものを作ってました。ビニール袋を入れてから石膏を流し込みます。カチンコチンでした。

MDはCD-S2000光デジタル出力からMDS-S50に入力。MDの編集は純正のパソコンソフトSONY PCLK-MN20を利用しています。まぁ、最近はあまりMDの必要性を感じませんが・・・。

2006年2月に長いこと使っていなくて調子を崩していたYAMAHA CDX-10000を売り飛ばしました。定価40万円のCDプレーヤーでしたが、購入後20年近く経っているのに4万円近い値段で売れたことにビックリしました。




AudioColumn


スーパースワンのユニット交換(2001.12)

RCAケーブルの自作(2002〜2005)

NEC A-10Uのスピーカーリレー交換 etc(2006.03)

SANSUI AU-α607KXのスピーカーリレー交換(2006.03)

SANSUI B-2102のスピーカーリレー交換(2006.03)



<管理人室へ戻る>