2011.07

Canon EOS 7D

(文章は拙Blogからの転載です)

●ようやくデジタル化!

と言っても、テレビじゃなくてカメラです。

「画素数は2000万画素以上」「ファインダー視野率は100%」がデジタル一眼購入と、フィルムからデジタルへ移行する条件でしたが、「欲しい!」と 思ったEOS-1Ds MarkIIIは車が買えるほどの値段、EOS-1D MarkIVは画素数がイマイチ&値段が高い、EOS 5D MarkIIの画素数は足りていますがファインダーが100%じゃないし、水準器や機能面でイマイチ等、どうしても踏ん切りが付きませんでした。写真を登 録するにもフィルムからスキャンするより画質やゴミの除去で有利だし、今時「デジタル一眼は持っていません」とは言えませんし。

現在の厳しい経済状態、車の修理費用を考えると、「予算は10万円くらい」「視野率100%ファインダー」「2000万画素」と言う条件に当てはまるの は、「サブ機にいいなぁ」と考えていたEOS 7Dでした。センサーサイズがAPS-Cで1800万画素ってのが引っ掛かるポイントでしたが、もういい加減に踏ん切りを付けないとジリ貧になる様な気が したので思い切りました。2000万画素と1800万画素の差は横方向432ドットですから、そんなに気にする差ではないかも知れませんね。

以前から価格.comで値段はチェックしていたんですが、震災以降は品不足で値上がり傾向で、予算的に厳しくなっていました。そこでいつもお世話になって いる、大阪北浜の「ハマムラカメラ」に泣き付いてみたところ、お買い得な価格を提示してくれたので、2日間悩んで購入を決めました!久々に店頭へ出向きま したが、ますます物が増えてパワーアップしてました。(笑)

デジタル一眼はEOS Kiss X2(売却済)に続いて2台目ですが、EOS-1Nと比べて大人と子供、使ってみてオモチャ同然(失礼!)だったKiss X2とは大違いで、これなら使い物になりそうです。ただ、やはりバッテリーグリップを取り付けないと縦構図の撮影が苦しいですし、手よりもカメラが小さく てホールド性が悪いので、バッテリーグリップは買わざるを得ないようです。他にスペアバッテリー、レリーズ、CFカードが必要かな。

とりあえず、設定を一通りして、手持ちのCFカードを使ってファームウェアをアップデートしておきました。使えそうなデジタル一眼を手に入れたので、DSC-W5とEOS-1Nの1台は引退ですね。

●中華三昧


EOS 7Dボディで予算を使い切ってしまったので、バッテリーグリップ、予備バッテリー、リモートスイッチは全て中華製という事になりました。金があれば純正を 買いますけど、純正のバッテリーグリップで中華製の前記3製品+8GBのCFカードが買えてしまうんですから、貧乏な私にとってはありがたかったです。
EOS-1Nのパワードライブブースターなんて、中古でも高かったですよ・・・。

中華製バッテリーグリップについてWebで情報収集していると、ROWAジャパンの製品は安いんですが、電子ダイヤルの回転方向が本体と逆になるとの情報 があり、ショップに動作確認をしたりして、購入したのは「Aputure」と言う聞いたことも無いメーカーの怪しい製品で(笑)、ROWAジャパンよりも ちょい高めの6,500円でした。取り付けてテストしてみましたが、全く問題無いですね!動作がおかしければ返品OKと言ってくれたショップも親切でし た。グリップがあると、ホールド性はかなり改善されますし、縦構図での使いやすさは段違いです。後は三脚に取り付けた時の剛性が問題でしょうか。
しかし・・・取扱説明書までキヤノン純正品のコピーとは!某国の厚かましさには呆れるしかありませんね。訴えられるんじゃないの?


バッテリーは2,650円で純正品の半額以下。容量、劣化度共に全く問題無し。
写真右が付属の純正バッテリー、左が中華バッテリーです。

写真に撮り忘れましたが、リモートスイッチは890円。そこはかとなく安っぽいですが、実用上問題はなさそう。ただ、取り付けるとコードが前方に出るのは 変。5Dは下にマイク端子があって逃げなければならないので(これも変ですが)分からなくもありませんが、何も無い7Dでコードを下に垂らす様にしないの は謎。これは中華製だからと言うことでは無いようです。



<戻る>